Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引越業者はどこがいい?

今回は引越業者のランキングです。ぱちぱちぱち~

今回は、アート(引越最大手)、サカイ(二位)、日通、ヤマトの4社に見積もりを出してもらいました。

私の今回の結論は、
1. アート
2. サカイ(すごくおしい)
3. ヤマト
ランク外: 日通
です。
今回は、会社の費用もちで引越なので、あまり金額だけにはこだわりませんでした。条件は、東京->名古屋、1K28平米の引越

価格ですが、ヤマト->68,000、アート94,500、サカイ94,500,日通100,000でした。ちなみに、アート、サカイは、業者が荷物をすべて梱包してくれる作業賃込みの価格です。ヤマトはダンボールも全部自分で用意しなければなりません。日通も同様です、全部自分でやってこの価格。

アートとサカイは、どちらも対応が早く、感じのよい営業の方でした。日通は電話対応から、営業マンの対応まで、アート、サカイにくらべて要努力でした。

サカイではなく、アートにした最大の理由は、アートのほうが荷物が運ばれてくる日にちが調整が効いたからです。東京->名古屋の引越では、サカイの方が早いのですが(翌日配送)、今回は翌日に自分がついていないので、アートにしました。

アートは、カスタマーの意見を取るはがきをおいていったり、営業マンの説明、インターネットで申し込んで連絡が来るまでが早かったです。悪い点は、アイミツをとらないと、結構吹っかけてきます。はじめは、梱包作業抜き(ちなみに梱包作業は+2万のサービス)で、105,000円でした。ちなみに、はじめの提示価格(割引なし)は12万超えていました。。

サカイは、一度荷物をつめたら、とどくまで、コンテナを開けないというサービスがつく上、そのサービス上、速く目的地まで運んでくれるのがメリットです。営業マンもたよりになりました。荷物をあまり触られたくない場合は重宝しますよね。
逆に行って、一度つんだら、速く降ろしたいわけで、出発日がフレキシブルにできないと、到着日は固定されてしまいます。

日通は、アート、サカイに比べて、サービス、価格、対応すべてでまけておりました。

結論としては上述のとおり、アートかサカイがよかった。日通はだめ。とにかく安くすませたいのであれば、ヤマトですね。

下記リンクは、引越比較ブログです。もっと色々な意見を参考にされたい場合にどうぞ~

引越業者をじっくり検討するならこちらへ~

みなさんの引越体験談ありましたら、コメントまでお願いします。ひどいめにあったんだ~!とかなんでも結構です。

Appendix

只今のお時間

by Clocklink

FX始めよう!

FXは相対取引=信用が大事
南アランドを取引するなら外為どっとコムで

私のお勧めレストラン↓

お勧めレストランで~す。

ブログ内検索

Google

Google PageRank Checking tool
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。