Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通訳案内士 - 科目合格: 地理 国内旅行取扱管理者試験 目指せ一発合格

通訳案内士試験で、地理での免除を得るためには、国内旅行取扱管理者試験に合格すればOKです。

国内旅行取扱管理者試験で免除を受ける最大のメリットは、地理が苦手でも国内旅行取扱管理者試験には合格できることです。

国内旅行取扱管理者試験に合格するためには、
必要な勉強時間(200時間前後):1日2時間、3ヶ月間
必要な投資額:受験費用、参考書費用など合計1-2万円程度

※受験勉強などが得意な方は半分の時間(100時間)でもいけるかもしれません。特にもともと地理が得意であれば、100時間あれば十分でしょう。

国内旅行取扱管理者試験は3つの科目で60点以上を取らなければいけません。
①旅行業法等
②旅行業約款
③国内旅行実務(運賃・約款50点+地理50点)

ココでは、わざわざ科目合格を取ろうとする方は地理は苦手で、科目合格で通訳案内士本番では、地理を免除にしておきたい方を対象に話を進めます。
国内旅行取扱管理者受験者の参考にもなるとは思います。

勉強の仕方としては、①~③ですべて60点を超えることが目標ですので、それを如何に最短の時間で達成するかがとても重要です。

②の約款と③の運賃・約款部分は②でも③でも出るので重要度が高く、
①や③の地理は重要度が低くなると言えます。

時間配分は
①を1とすると、
②を2、
③の料金部分を2、
③の地理に1
といった感じです。

そこで
①旅行業法等
②旅行業約款
③-1国内旅行実務-運賃
③-2国内旅行実務-地理
と分けて対策を考えましょう

ここで、今回私が試験に使用した本を紹介しておきます。この2冊をちゃんとやればきっと大丈夫でしょ
う。

お勧めテキスト
一発合格!国内旅行業務取扱管理者試験テキスト&問題集一発合格!国内旅行業務取扱管理者試験テキスト&問題集
(2008/05/16)
児島寛子

商品詳細を見る


問題集
国内旅行業務取扱管理者過去問題集 平成20年度版 (2008)国内旅行業務取扱管理者過去問題集 平成20年度版 (2008)
(2008/05)
小見山 和寿

商品詳細を見る

※この問題集は解説の質がとてもよくないのですが、各年度の過去問題集がこれしかないんですよ。他のものが出てればそっちでもいいかもしれません。但し、編集したものでなく、過去問を解きましょう。各年度でちゃんと60点クリアできているかどうかチェックしないとだめですよ!

解説に、非常に基礎的な問題とかそういう記述が散見されますが、こんな事書いてるスペースもったいないから解説をちゃんとしてくれと思いました。

一方コレはあまりや役に立ちませんでした。
JHRS 旅行業実務シリーズ 04 国内観光資源

まずは①からですが、

続きを読む

通訳案内士になろう! ~最短での合格方法を考える~

通訳案内士は、日本にやってくる外国人の方を相手にガイド業務を行うために必要となる資格です。

国のYokoso! Japanプロジェクトや、現在増え続けている観光目的で日本にやってくる方々をもてなすためのものです。国は、どうも通訳案内士を民間外交員と位置づけているようですね。日本の顔でもあると。

通訳案内士概要

私、いちサラリーマンとして、将来引退したあと、こんな仕事できたらたのしそうだなぁ~と思い資格取得に向けて勉強をはじめたものの、とても趣味で取ろうと思える労力で受かる試験ではない事に気づきました。

そして、何を隠そうこの資格、かなり難しい割りに、これをとってもそれだけで食っていけるような資格ではないんですね。

それでは、どうするか?できるだけ少ない労力で資格を取得する方法を考えようと思いました。

と言うわけで、このブログの一つのコンテンツとして、通訳案内士合格までの試行錯誤をレポートしていきたいと思います。

続きを読む

Appendix

只今のお時間

by Clocklink

FX始めよう!

FXは相対取引=信用が大事
南アランドを取引するなら外為どっとコムで

私のお勧めレストラン↓

お勧めレストランで~す。

ブログ内検索

Google

Google PageRank Checking tool
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。