Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとしたお小遣いを得るために…9,800円をちょっとした労力で手に入れる方法

FXってありますよね。ちょっと怪しいやつです。

私、FXの口座を3つくらいもっています。現状では、実は株と同じく、含み損なので、ぜったいもうかります!なんて口が裂けてもいえないのですが、ちょっとしたお小遣いを稼ぐ方法なら教えられます。

以下紹介するcyber agentのFX口座も実はもってます。お小遣いがほしいから作ったんです。

FXの口座を開設して、1万通貨だけ取引した場合いくらお小遣いが手に入るか計算してみたいとおもいます。

今、FXの口座を開設すると、1万円(正確には楽天ポイント1万円分)がもらえます。この権利を得るためには、
①1万通貨単位取引を行う
②口座を開設する
の2つが条件です。

今CyberAgent FXは米ドル(USD)のスプレッドが2銭(通貨を売る時と買う時の差額)なので、10,000(取引通貨数)×0.02円(手数料)=200円の手数料がかかります。

つまり、1万円ほしいがために、1万ドル(一万通貨単位)を110.00円で買うと売る時は109.98円でしか買ってくれないので2銭分コストがかかります。

為替は一秒ごとに動いていますが、買って、10秒後に機械的に売れば、ほとんど為替は変わらないので、相当運悪く、急な暴落に見舞われない限り、まず間違いなく500円はかからずに売れます。

そうすると、なんと
1万円-200円で9,800円の儲けです!すばらしい!!この儲けでFXの本を買ってあなたもFX取引をはじめてみませんか?

正確には、申込書の記入、口座への入金、出金、取引の実施の手間が発生するので、この工数を合計3時間と見積もると、申込者にとっては、時給3000円程度のバイトと言う事になります。

9,800円ほしいと思われた方はこちらからどうぞ↓




私はだまされませんよ!と言う方、

私ももうちょっと営業マンとして粘ってみたいと思います。

続きを読む

ビッグマック指数で為替の予測 - Big Mac IndexでFX取引

貨幣の適正価値は存在するのか?というのは非常に難しいところではありますが、ビッグマックインデックス(ビッグマック指数)を元に考えてみたいと思います。

この記事の最後には、過去五年間の各国ビッグマック価格(エクセルファイル、ダウンロード無料)がついております。

ランド円、欧州通貨、オセアニア、新興国の順番に解説してあります。

初めに】
ビッグマック指数とは?ご存知ない場合は、他のHPなどに解説があるので、そちらを見ていただくのが一番ですが、簡単にいうとビッグマックは世界中どこでも同じ値段だという考えに基づく為替のことです。アメリカでビッグマックが3.4$で、日本で280円だったら、為替は82円/$という考え方です。

つまり、ビッグマックがアメリカと日本で同じ値段であるべきならば、為替は82円/$で、現在の1$100円というのは高い!という考え方です。

それではそのような考えで各国の通貨をみるとどうなるのでしょうか?

円/ランド:ランドは購買力平価で見ると2008年3月時点の12円/ランドは格安
BMI_ランド円


南アは新興国なので、ビッグマックでの為替が実質為替よりも高いですね。(新興国では、購買力平価での為替は、実為替よりも高いのが一般的 = 国力が弱いので買い叩かれる。人件費が安いというと荒いですがイメージわくでしょうか)

ただ、過去5年ではその差が一貫して縮まってきました。ところが、ご存知の通り、サブプライムに引きずられランドは大きく下落12円をつけました。さて今後はどうなるのか?みなさんはどう予測しますか?南アのビッグマック=日本のビッグマックは同じだ!と考えるなら大きく上昇しそうですね!

これを期にFXをはじめてみたい方はこちらから(口座開設はもちろん無料、取引で数千円のキャッシュバックが!!!)







口座開設に関する記事はこちらから

表中
実質:実際の為替
ビッグマック:ビッグマックが南アと日本で同じ値段と考えた場合(購買力平価)の為替

欧州通貨:ビッグマック価格で考えると割高。
BMI_欧州


四角はユーロ、三角はポンドです。赤系の色は実質為替(ACTは実質の意味)、青系は(PPPはビッグマック指数(購買力平価)の意味)

どちらも似た傾向にあります。ユーロに注目すると、実質為替とビッグマック指数の差が広がってきています。これは、欧州圏が日本に対して国力が上がったと理解するべきでしょうか?

ポンドは暴落しましたが、それでも200円程度。現在でもビックマック指数(購買力平価)で考えると割高です。

オセアニア通貨:オセアニア通貨は急速に価値が上昇危険域か!?
BMI_オセアニア


個人的には、金利目当てのニュージードル買いが行き過ぎ(買っているののほとんどが日本人)て高騰しているのではないかと考えられます。

しかし、資源が豊富なオーストラリア、石炭の価格はココ一年で一気に倍になったくらいですので、日本に対して相対的に国力が上がっただけだとも考えられます。

新興国通貨:徐々にビッグマック指数と実為替は同じレベルに
BMI_新興国


南ア ランドとタイ バーツの例ですが、為替はビッグマック指数に収束しているように見えます。

続きを読む

ミセスワタナベのFX運用

ど~も

ミセスワタナベ(=日本の主婦層FXトレーダー)に関する記事がでていました。そう、主婦FXで1億円の脱税!ってやつです

ミセス・ワタナベの「FX狂騒曲」

私の率直の意見としては、ファイナンシャルプランナーってこんなもんなのかなという印象でした。

特に、テーマの割りに解説がかけていると思ったのが
1) どうしてミスワタナベが誕生するのか?(FXは高いレバレッジをかけると割のいい宝くじ、宝くじは胴元料金が半分なのに対し、FXは数%だから)

2) FXは二度おいしかったと過去形になっている?が、別に今でも著者が主張する点においては何もかわっておらず今でも2度おいしい

3) FXはそもそも、宝くじ路線と、スワップ狙いでいける2つがあるという解説の欠如。スワップでやるなら、レバレッジは2倍以下にして、余裕資金でやれば、1ドル110円で買っていてもなんとかなるという風に話をすすめればいいのに、そうなっていない。ミセスワタナベは、もちろんおこるが、所詮宝くじが2倍あたる確率が上がる程度で、だれでもやれるが、損する可能性は非常にたかく、お遊び程度にやりましょうという解説もない。

などなど、私はこう思う、こう考えるってのがなくて残念だな~って思いました

しかしアメリカには億万長者が10人に1人に近い割合でいるみたいですね。すごいことです。ミセスワタナベが出てきてもふしぎじゃないかもしれませんね。

※先ほども書きましたが、ミセスワタナベで目指す億万長者路線は、厳しいです。FXは、誰かがもうければ、誰かが損します。例えば一人10万円の掛け金でやるとすると、ま~5万円の損であきらめると一人当たり5万円プールされます。2000人集まれば一億。2000人参加して、勝者ソウドリでゲームしていくと、おめでとうございます、1億円です(確率1/2000)。かなり強引に話を単純化しましたが、こういうことだと理解しています。

ま~1500兆円の資産を抱える日本のたとえその一部といえ、ミセスワタナベが運用する金額はすごいですよ。

ところで官僚のみなさん、税金取ることに目くじら立てる前に、ミセスワタナベがいつものように外資にまきあげられないように、金融教育、そして適切な投資が出来るような環境を整えるのは大事だと思うですが、大丈夫でしょうか?

ミセスワタナベがスーパートレーダーになれれば、日本の未来は明るく、資産を失えば国がかたむくのではないでしょうか?

為替はいくらが適正??ビッグマック指数と購買力平価などなど

為替いくらが適正か気になりますね?

私は個人的には、為替のあるべき価格は購買力平価だと思っています。

それでみると一ドル115円くらいになりますね。
ドル円為替購買力平価


しかしそのほかの指標だともっと安くなってますね
ビッグマック指数

UBSによる購買力平価

しかし、バブルでもなんでもそうですが、価値と価格の差が大きく乖離するのはよくあること。

そもそも、ホントに日本とアメリカで金利差が4%もあったのか?銀行がかすめとってただけじゃないのか?

などなど考えるとますますわかんなくなっちゃいまますね~。ま、ここからさらにドルが下がっていってたらどんどんお得圏にはいっていくということでしょうか。

続きを読む

外貨証拠金取引をどこの会社で行うか?外為ドットコムと外貨ex(サイバーエージェント)を比較

外貨証拠金取引の口座はどこにもつといいか?を考えてみたいと思います。

外貨証拠金に伴う手数料を考えて見ます
 

【前置き】
色々なサイトを一括して比較するサイトはたくさんあるので、今回は自分が口座を持っている2社を比較しながら、FXの取引を行う会社を選ぶ上で考える点を見てみようと思います。

これ以外にも色々な会社があるので、ぜひ比較検討してみていただきたいのですが(いいのがあればおしえてください!)

私が思うに、口座選びで重要なのはずばり
この取引先は、どう手数料を稼いでいるのか?という視点です

ボランティアで取引させてくれるところなんてないので、取引業者は、必ずサービス提供の対価を何らかの方法で得ていなければいけません。

何がいいたいかというと、
手数料無料
だけを鵜呑みにしていてはいけないんです。

本当に手数料が全く0だったら、その会社はつぶれるので、相対取引である外貨証拠金取引において(だれも保証してくれない)、その相手を選ぶのは危険だと思います

 

続きを読む

南ア ランド 外国為替 チャート

外貨証拠金取引について、少しずつ研究した事を書いていきたいと思います。

今日はまずは、外貨のチャートを時系列でみたいな~と思ったときに使えるツールを紹介します。

もちろん、一度取引業者を選べば、無料で使えるのですが、為替について知りたいと思ったときに、チャートを見たいがために申込書を記入するのもおっくうですので、

今日はチャートを簡単に見れてしまうサイトを紹介します

+私が作成した過去10年の為替が分かるエクセルをご紹介します(無料ダウンロード)

続きを読む

Appendix

只今のお時間

by Clocklink

FX始めよう!

FXは相対取引=信用が大事
南アランドを取引するなら外為どっとコムで

私のお勧めレストラン↓

お勧めレストランで~す。

ブログ内検索

Google

Google PageRank Checking tool
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。