Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

①ETFを取引するための証券口座の比較 - 楽天証券、FIRSTRADE証券のETF口座比較、口座開設

目次へ戻る

ETFを取引するためのコストを見てみたいと思います。

今回比較するETF取扱証券会社は、
楽天証券
ファーストレード証券(米国)
BOOM証券(香港)
の3社です。(2008年8月時点での比較)

どの口座を開設するといいのか?の概要
今後(調査時は2008年8月)は、各社ETFに参入する事により価格が下がるだろう事を考慮すると、
口座開設のしやすさ、言語の問題、手数料などから判断すると、

一番楽、とにかくめんどくさい、分かりにくいのは嫌な方は、楽天証券
(前提:
1.ETFは長期保有が基本スタンス(取引は頻繁にしない)、
2.英語を使いこなす自信がないの2点がそろっているなら)
手数料は割高であるが、楽天証券を使うのが一番良いのではないでしょうか?

一方で、投資マニア向け、豊富な種類のETFにどうしても投資したいならファーストレード(Firstrade)がお勧め
1.とにかく手数料を安くしたい、
2.英語は全然平気、
3.ETFは株式のみでなく、上場REITや商品も最新のETF商品を取引したいのであれば、
ファーストレード証券が良いのではないでしょうか?

以下詳細になります。↓

続きを読む

Appendix

只今のお時間

by Clocklink

FX始めよう!

FXは相対取引=信用が大事
南アランドを取引するなら外為どっとコムで

私のお勧めレストラン↓

お勧めレストランで~す。

ブログ内検索

Google

Google PageRank Checking tool
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。