Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

論理的であるべきか、感情的であるべきか


ふと思った事。私は理系人間です。特に大学卒業するころまでは基​本的に科学的に証明できない事が嫌いで、感情が先に来る人が理解​できませんでした。

しかしビジネスって論理的なだけで上手くいくものでなく、感情も​とても大事だと思います。それ以上に私自身偉そうなことをいって​おきながら感情に支配されているなぁ~って思うんです。

例えば、最近子供がほしいとおもうんですが、私は高校生の時41​度くらいの熱がでたことがあってちょっと心配だったので、一度自​分はちゃんと正常に子供ができるのか?チェックしてもらおうとお​もって病院に行ってきました。しかし、これは合理的に考えるなら​そもそも結婚する前にやっておくべき事。でもいざ行こうと思うと​なかなか足が向かないんですよね。そう、怖いんです。合理的には​問題がある無いにしろ早めに行った方がいい。でもできないんです​。合理的であるべきだと人に求める割には、自分はちっともそんな​ことが無いと気づくわけです。結果は、ま~問題ないようでした。そ​うじゃなきゃショックをうけて多分こんなこともかけませんが。。

ちなみに、検査は保険適用外の検査をやっている所(やたらとネッ​トで広告を出しています)3万円程度、男性の場合は泌尿器科にい​くと2000-3000円でチェックしてもらえるようです。学校​ではどちらかというとこういう事を教えてほしいですよね。

多分、私はがんとかになったら検査が遅れて死にそうだな。。人間​は弱いもんです。

えらいこっちゃ!2011年9月20日午後5時ごろの新川(西区 二方町) 上小田井駅

このままだと本当に10年前のように氾濫するかも…

やばいぃ~

2011年9月20日、午後5時ごろ現在、上小田井駅近くの様子です。
これからさらに300ミリか。。。

明日会社いけるかな。。

sinkawa_110920_01

sinkawa_110920_02

sinkawa_110920_03

sinkawa_110920_04

インターネットビジネスと元気玉(ドラゴンボール)

最近とある案件について考えていて
その中でインターネットビジネスの本質について考える機会があった

インターネットはある意味で100年に一度出てくる新しい考え方で
例えば、ニュートンの万有引力、ダーウィンの進化論のようなものだと思う
こういった事例はある程度の期間後、エッセンスが抽出される

つまり、力学であればF=Maのような高次で抽象化された概念となるわけです。

そこで私が思ったのはインターネットビジネスはなぜ無料で成り立つのか?
また著しくコストが下がっているのに価値があるのか?
を考えていて仮説としておもいついたのが
インターネット=元気玉という考え方。

元気玉は悟空がオラに元気をわけてくれ!というと小さな元気が集まって、それが大きなエネルギーとして集約されるという技です。ポイントは2つ
1.ほとんど影響が無い小さなものを多くの人からおすそわけしてもらう
2.それをうまく調整して大きな1つのエネルギーとして形成する
これがフリーザーを倒す力になっています

アマゾンは、
1.書評という形でユーザーに無償で仕事をしてもらい、評価までさせている
2.それを統計だててユーザーの役に立つ形で整理し、提供している
これによって、多くの書評がある所に多くのユーザーがあつまり、さらに書評が増えて、ユーザーが増えるという効果がでています。(これが他社との差別化の大きな要因になる)

別のいい方をすると、他の部分は後追いでマネできる部分が多い。

インターネットビジネスを作る場合、オラは元気玉を作れるのか??と自分に問うてみるとよいのかなぁ~~って思いました。

ある億万長者からみた電力買い取りのあり方

ある億万長者の方とお話させていただく機会があり
おもしろかったのが電力買い取りに関する視点。

億万長者というのは、隣の億万長者という書籍にもある通り
とても質素な方が多いです。

なぜそうなるかというと、収入>>支出であれば貯金がたまり
金融資産が増えていくわけです。

俗に言われるエリート、弁護士や医者は収入<<支出です
30年ローンを組むサラリーマンもこちら側ですね。

まず、そういう意味で質素な方、貯金ができる方という視点できいほしいのですが

電力全量買い取りは意味がない。余剰電力買い取りなら効果は絶大だと。
5000万kWのうち家庭用を25%が使用していると仮定、家庭がこの効果で30%節電すれば
8%分なので、400万Kw。原発4基分です。

これは何がおもしろいかというとインセンティブに着目している点です。

太陽光発電は、昼間しか発電しません。そして今は電力はためる事ができません。
電力量1kWhで20円としましょう。太陽光の買い取り価格40円。

昼間太陽光で発電している時、家で電力を消費してしまうと、せっかく電力会社が40円で買い取ってくれる電気を太陽光をつけていなければ20円で買えたものにつかってしまうので、非常に損した感覚におちいります。
20円のものを今節電すれば、電力会社は40円で買い取ってくれる!
このインセンティブの効果たるや、節約家の億万長者には効果抜群、主婦にとっても効果抜群なのが予想されます

そして太陽光発電設置が少ないと言われる日本ですが、家庭に取り付ける太陽光では世界トップレベル。

そう、余剰電力買い取りなら家庭用電力を平準化できるんです!
何がすごいかというと、暑い夏場は太陽が照りつける。太陽光もフルパワー。
しかも節電のインセンティブが働くのでピーク需要は下がる。

電力は、貯める事ができないために、ピーク電力に合わせて発電所の数を賄う必要がありましたが、このように家庭である程度の発電力がピーク電力時に使えるようになれば、電力供給量を落とす事ができ、原発の数を減らせるかもしれません。

政府にはぜひこのようなインセンティブを働かせてほしいと思います。

人はインセンティブで動く。

Let's Noteに関してのご提案

今、USTREAMでの配信に興味があるのですが、非常に手こずっています。
ノイズがひどい。

そこでLet's Noteのサポートに電話してみた。
もちろん、パナソニック的にはそんな事しるか!という内容でもあると思う。
接続された機器(ヘッドセット)とPCの相性までみてられませんよと。

でも、ですよ、Let's Noteはかなりお高い。もちろんとても丈夫。ま~でも丈夫に関しては1TあるHDでバックアップが簡単に取れちゃえばいいわけです。5万のPC+2万のHDだとすると20万は正当化できない。

そこでもしも、こういう電話がかかってきた時に少なくとも、うちは家電メーカーなんでUST配信用にお勧めのセットがあるんですよ。Let's NoteのSシリーズをお使いなら外出先で配信や家庭・スタジオで配信用にパッケージをご用意しています。URLはこちらになります。これだけしてくれるだけ印象は全然違うと思う

これがもしあれば、今のLet's NoteっていってもUSTの配信に困っても助けてくれないのね…という他のPCとあまり変わらないという不満が、

Let's Noteってやっぱすげ~。家電メーカーだからできる強みってこういうところですよね!という記事に変わると思うんです。

ちなみに、Let's Noteがわるいんじゃなくてヘッドセットじゃないんですか??といわれたので比較しました

Dell
http://www.ustream.tv/recorded/16673478

Let's Note
http://www.ustream.tv/recorded/8527604

どちらもにたりよったり。Let'sのぼ~~~~っていう音の方が若干大きくノイズの音としても耳障りです。

日本の企業はこういう所ぜひがんばってほしいっす。

汚染牛とバナナの被曝どちらが大きい?

ちょっと批判的な事を書きましたが
安全性に関して不安をあおりすぎる記事になっておりますので
もうちょっと中立的立場となるように以下被曝について考えます

知らない方も多いと思いますが、バナナは実はカリウムを多く含み、カリウムの同位体には天然で放射能を含んでいます。ようするにバナナを食べると被曝します。

ちなみに飛行機に乗っても被曝します。(興味のある方はWiki)で調べてみましょう!

ちょっと放射能に汚染されてしまった牛について考えてみましょう。

ま~結論からいうと1回食べたくらいではなんともない。という事です。どれくらいの影響なのかというと

Cs-137とCs-134の線量係数、つまり1 Bq経口摂取したときに受ける内部被ばく線量の換算係数はそれぞれ
1.3×10^(-8)
1.9×10^(-8)
Sv/Bqと見積もられています。
Wikipediaの記述通り、Cs-137を10^4 Bq(1万Bq)を食べれば1.3×10^(-4) Sv = 0.13 mSvと見積もられます。

この時0.13mSvというのは何をいっているかというと、内部被曝換算係数というのは
一生の間に経口摂取によってどれだけ被曝するか?という量なので50年間で0.13mSvとなります
但し、ほとんどの被曝は1~3年の間に起こるのでこの線量の8~9割程度をざっくりいうと1年で被曝するとおもっておけばいいわけです。

今回の汚染されてしまった牛は1kg当たり、数千ベクレルなので仮に5,000Bqとしましょう。
そうすると1.3×10^(-8)*5*10^3=6.5*10^(-5)=65μSv/kgになります。
100gでは6.5μSv/100g

ちなみにバナナ100gでは、
0.068 μSv
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%8A%E7%AD%89%E4%BE%A1%E7%B7%9A%E9%87%8F

フィリピン産でもどこ産でもいいですが100本食べるのと、5000Bq/kgの牛肉を100g食べたのと同じだけ被曝します。

不安ではありますが、問題の無いレベルと言っていいと思います。

政府はミスしてしまいましたが、今後しっかり考えて同じ事が無いように対処すれば問題無く、牛さんも1年もたてば全く問題なくなりそうなので、これ以上の拡散を政府が適切に処理する条件で

牛を食べないようにするなどの必要はないと言えると思います。

ちなみに実家から送ってもらった飛騨牛はもったいないので食べようと思います。

まとめ
食品に関する内部被曝が心配になったときは、
核種事の等価線量を抑え、kg/Bqから換算する
それをバナナと比べてどうなのか?
年間の自然界の被曝(1mSv)と比べてどうなのか?から計算してください。

こちらも参考まで
http://takedanet.com/2011/07/post_d73e.html

かなしきかな、汚染牛。

最近、日本中枢の崩壊という本を読みました。


日本中枢の崩壊日本中枢の崩壊
(2011/05/20)
古賀 茂明

商品詳細を見る


官僚は省益しか考えていないと。

今日の朝、高山の実家の母から電話があり、飛騨牛にも汚染藁を食べた牛がいるからせっかく送ったけど食べるのやめてとの電話。せっかくの気持ちをすべて無駄にし、貴重な食料が無駄になったわけです。

なぜこんな事になるのか?

原子力は安全ですと同じ考えで、風評被害です。福島産は大丈夫です、東北産は大丈夫ですと言い切ったからだろう。

放射能が漏れる経路は大きく2つ。大気中を雲、雨等の形でとびちるものと、地下水(海水も)。この経路でもれるのであれば屋外に藁があれば付着は中学生でもわかる。その藁は当然動物の食糧となるのは管理している人ならだれでも知っている。

つまり、盲点だったというのは、専門家もしくは、原子力の勉強をしている大学1~2年生だったら誰でも知っている事を分かっていなかったと言っているのに等しい。放射能の拡散経路をしっていれば牛(放射能⇒藁⇒牛)があぶない!という事は中学生でもわかる。

今回の事で風評被害は。。。という政府の発言は100%信頼を失ったと思う。だって何も管理できていないのだもの。
放射能まみれの藁を農協経由で全国にばらいていましたといっているのに等しいのでとんでもない話だ。
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011072090232024.html

ここで、ただ一つ特定地域例えば300km以内の藁はすべて検査してから出荷をしているだけで、牛の安全はまもれたのではないか?スーパーに固体認識をもとめていたのにこういう所がしっかりしていなければ何も意味がない。とても残念だ

なぜ藁だけでも適切に対応しなかったのか?
⇒某省庁は、安全です、心配ありませんといいたかったのだろう
藁を出荷停止⇒他の食べ物はなぜ大丈夫なんだ??となるのを恐れたのだろう
このような判断をできないのはリーダー失格
大臣は今すぐ辞任してほしい。そして大臣の個人資産はすべて今回の農家の保証をしてほしい
もちろん足りないのであとはまた税金になるのかな。。

今回のような出来事はすべての信頼を失う。
何が良くて何はだめなのかできる限り多くの情報を専門家から集め英断するという事は実施してほしい
自信がないのであれば国家のトップからおりてほしい。

大学1~2年生でもわかる事を盲点だというようなふざけた事は二度と言わないでほしい。

今回食肉にされた揚句廃棄されることになるであろう牛の事や農家の方々の事を考えると本当に悲しい

Appendix

只今のお時間

by Clocklink

FX始めよう!

FXは相対取引=信用が大事
南アランドを取引するなら外為どっとコムで

私のお勧めレストラン↓

お勧めレストランで~す。

ブログ内検索

Google

Google PageRank Checking tool
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。